色川法律事務所Irokawa Law Office

業務案内

証券・金融

近時、各種の金融規制により金融機関に対する法令遵守の要請が強くなっています。また、資金調達方法や金融商品の多様化・複雑化に伴い、金融機関が直面する法的問題も多様化・高度化しています。

当事務所では、銀行等の預金取扱金融機関、証券会社、保険会社、リース会社、ファンド等のクライアントに対し、経営管理体制およびコンプライアンス体制等に関するアドバイスをはじめ各種金融規制に対して適切に対応できるよう専門性の高いアドバイスを提供しています。

また、これらの金融機関等が関与する各種金融取引に関するスキームの企画・立案・法的問題点の検討、契約書のドラフトに対するリーガルチェック等も行っています。

紛争の事後的解決に関しては、近年多種多様な金融商品が販売され、その販売態勢や説明態勢についての適切性に対する意識が高まっております。そのような中、金融商品の販売を巡る訴訟事件の処理についても、これまでの取扱経験・実績を活かしつつ、いかに裁判所に説得力ある主張立証を行うかを含め、適切な解決に向けた訴訟遂行を行っているところです。

これらに加えて、株式公開準備中の株式会社のデューデリジェンス、公開準備会社に対する法的支援業務も行っています。特に株式公開に向けての内部統制システムの構築・整備は、会社を挙げて取り組む大きなプロジェクトであり、当事務所としても強力な支援を行うべく積極的に取り組んでいます。

ページの先頭へ