所属弁護士
トップページ > 所属弁護士 > パートナー > 鳥山 半六

所属弁護士(LAWYER LIST)

パートナー

ペン 鳥山 半六

HANROKU TORIYAMA

経歴:

昭和34年 生まれ
昭和53年 大阪府立三国丘高等学校卒業
昭和60年 京都大学法学部卒業 司法試験合格
昭和63年 司法修習修了(40期)、弁護士登録 色川法律事務所入所
平成7年 色川法律事務所パートナー
平成23年 弁理士登録

(弁護士会関係)
◇日本弁護士連合会
・代議員 (平成12・14・19・22・25・26・28年度)
・弁護士倫理委員会 副委員長 (平成21年3月~)
◇大阪弁護士会

・副会長 (平成25年度)

・常議員会 副議長 (平成24年度)

・会員サポート窓口運営委員会 委員長 (平成26・27年度)

・弁護士倫理委員会 委員長 (平成20・21年度)
・23条小委員会 委員長 (平成15・16年度)

◇近畿弁護士会連合会

・常務理事 (平成25年度)

 

(会社関係)

・株式会社きんでん 社外取締役(平成27年6月~)
・日本山村硝子株式会社 社外監査役(平成13年6月~)
・株式会社ミライト・テクノロジーズ(旧コミューチュア)
 社外監査役 (平成20年6月~)
・株式会社奥村組 社外監査役(平成16年6月~同20年6月)
・太陽工業株式会社 社外監査役(平成12年4月~同15年3月)

 

(自治体関係)
・生駒市 公平委員会委員 (平成23年5月~)

・柏原市 行政不服審査会委員(平成28年4月~) 

 

(公益社団法人関係)
・大阪府工業協会 監事(平成24年4月~)

 

(大学関係)
・京都大学法科大学院 非常勤講師 (法曹倫理担当/平成20年4月~同24年3月)
・法科大学院エクスターンシップ研修指導担当 (京都大学・神戸大学・大阪大学)

 

(主な著作)

・「職務基本規程で弁護士力を高めようー『義務の道徳』から『リスクの管理』、

  さらに『利用者満足向上』へ」

 (日弁連研修叢書「現代法律実務の諸問題」(第一法規)所収 平成27年)
・「社外監査役の理論と実務」
 (大阪弁護士会・日本公認会計士協会近畿会編・共著 商事法務 平成24年)
・「解説弁護士職務基本規程第2版」
  (日本弁護士連合会弁護士倫理委員会編著 平成24年4月 ただし、改訂への部分関与)
・「弁護士倫理(補訂版)」 (慈学社 平成21年9月 ただし、補訂への部分関与)
・「弁護士の『品位』と『品性』」 (自由と正義 平成20年5月)
・「知的財産契約の理論と実務」
 (大阪弁護士会知的財産法実務研究会編・共著  商事法務 平成19年)
・「非常勤社外監査役の理論と実務」
 (大阪弁護士会・日本公認会計士協会近畿会編・共著 商事法務 平成19年)
・「中小企業の会社法実務相談」
 (大阪弁護士会 会社法実務研究会 編・共著 商事法務 平成19年)
・「デジタルコンテンツ法 上巻」
 (大阪弁護士会知的財産法実務研究会編・共著 商事法務 平成16年)
・「23条照会の現状と課題」 (自由と正義 平成15年12月)
・「不正競争防止法における商品形態の模倣」 (別冊NBLNo.68・共著 平成14年)

 

◇企業法務を中心とした民・商事全般の法律相談、ライセンス契約・独禁法関連の各種契約相談のほか、これまで主に次のような事件処理を担当してきました。

・住宅分譲(所有権分譲・借地権分譲)、賃貸管理(一般賃貸のほか、定期借地・定期借家)、ニュータウン再開発(団地建替)、サブリース、特定優良賃貸住宅、不動産信託その他の不動産事業に伴う各種の紛争

・知的財産権事件(特許、不正競争、職務発明、著作権、ライセンス契約を巡る紛争)

・会社役員の責任追及を巡る争訟(粉飾、解任、M&A等)

・労働事件(賃金・退職金請求、セクハラ・パワハラ、過労死、メンタルヘルス、安全配慮義務、いわゆる偽装請負や賃金差別を巡る事件、不当労働行為事件〔支配介入・団交拒否〕、等)

・証券トラブル(株式、オプション、投資信託等)

・債権管理(保全、回収、倒産対応等)

・成年後見(成年後見・成年後見監督・任意後見・財産管理)、遺言執行等

 

◇社外監査業務や各種セミナー(企業のプライベートセミナーを含む。)への出講にも積極的に取り組んでいます。
既存の価値観が大きく変容する経営環境の下で、最近は、特に「専門家の倫理と責任」「利益相反」「競争法」といったテーマに関心をもっています。

関連活動

関連司法コラム

所属弁護士