色川法律事務所Irokawa Law Office

事務所紹介

基本方針(BASIC POLICY)

 
 当事務所は故色川幸太郎弁護士(元最高裁判事)が昭和2年(1927年)に創業した色川法律事務所をその源流とし、色川幸太郎の薫陶を受けた弁護士達が、その教えと伝統を守りつつ、地元大阪の企業に支えられて今日に至っております。その間、メンバーの一人である林藤之輔弁護士が最高裁判事に就任した外、多くのメンバーが大阪弁護士会の役員を勤め、弁護士会活動にも積極的に関わってきました。
 平成27年に法人化して以降は、代表社員である高坂敬三弁護士を中心として、徒に規模を追及することなく、中規模ながら企業に寄り添う弁護士事務所として、着実に成長して今日に及んでおります。永年にわたって培ってきた多くの企業の信頼に応えるべく、メンバーひとりひとりが自己研鑽に努め、それぞれの得意分野で活躍しております。
 当事務所のモットーは、弁護士はあくまでノブレス・オブリージュたるべしといいう色川幸太郎弁護士が遺訓として残した以下の三つの言葉に集約されています。

地 位 に 驕 ら ず
顧 客 に 阿 ら ず
利 益 を 貪 ら ず

 

ページの先頭へ